中古車が欲しいなら魅力的な車の選び方を考えておこう


3年落ちぐらいの車を狙うと良い

中古車を購入する場合には、選び方を知っておくことが重要です。中古車を選ぶ際には、どの程度の状態の車を選ぶかによって金額も随分と異なります。可能な限りきれいな車を選びたければ、3年落ちぐらいの車を狙うと良いでしょう。なぜ3年落ちぐらいの車が良いかと言えば、市場にたくさん 3年落ちの車があるからです。新車を購入した人は、3年目で初めて車検を迎えますが、車検を迎える前の段階で中古車として売却してしまう人が多い傾向にあります。そうすると、中古車市場に 3年落ちの自動車が増え自然に価格が落ちる仕組みです。つまり、程度が良い割には安い価格で購入することが可能になります。また、値段をもう少し安くしたい場合には5年落ちの車も良いです。5年目に2回目の車検があるためこの時手放す人が多く、価格が安くなりがちになります。

走行距離も見ておこう

中古車を選ぶ場合、可能な限り走行距離が少ない自動車を選ぶ人が少なくありません。走行距離が少ない方が、壊れる可能性が少ないからです。例えば、1万キロしか走行していない自動車と10万キロ以上走行している自動車では、後者の方が壊れやすいのは言うまでもないでしょう。だからと言って、必ずしも走行距離が短い自動車の価値が高いかと言えば、そうではありません。例えば、5年落ちの自動車なのに走行距離が1万キロしかない場合には、ずっと車庫に放置されていた可能性が高いです。そうすると、十分にメンテナンスがされていないことが考えられるため、買う前にメンテナンスがどの程度されていたかを確認をしておく必要があります。

ボルボの中古車をインターネットで検索すると、車専用のフリマアプリなら出品者と購入者が個人の場合消費税はかかりません。